Adam’s Vows

Ritsuko,

If I’ve learned anything at all in my 50 years of life, it’s this: Life is no joke—but it sure is funny sometimes.

One of the things I appreciate most about our relationship is that we’re able to laugh so much together. Sometimes we laugh at things that are meant to be funny—like Eddie Izzard routines, or videos of sneezing baby pandas. Other times we laugh because life is just so rich and raw and strange. What else can we do but laugh?

I may cry once in awhile too, but that’s on me. Sensitive artist, middle-aged man, whatever. When Walter and the Dude scatter Donny’s ashes—come on! I know that you appreciate my tears for what they are, I know that you’ve always got a tissue handy, and I know that you know another laugh is just around the corner.

I’m not a religious believer. Still, I love this passage from the mystic poet and scholar Rumi, in which—I presume—he is addressing his God:

    You're water. We're the millstone. 
    You're wind. We're dust blown up into shapes.
    You're spirit. We're the opening and closing  of our hands.
    You're the clarity. We're the language that tries to say it.
    You're joy. We're all the different kinds of laughing.

Wedding vows are serious promises. One that I’ll always honor is to keep laughing, together—today, tomorrow, and always—whatever ups and downs life may bring.

There’s no turning back now.

Let’s do this.

I love you.

リツコ、

僕が生きてきた50年の中で何かを学んだとしたら、”人生はジョークではない。”ということ。でも時には可笑しいこともあるよね。

僕が二人の関係で一番好きなところは一緒にいっぱい笑えるところ。ただただ可笑しくて笑うこともあるし、時には人生があまりに鮮やかで、生々しくて、ヘンテコで。笑うこと以外に何ができるんだろう?

僕はたまに泣いちゃうこともあるけど。繊細なアーティストだからなのか、中年親父だからなのか?!いつも僕が泣きたいときに泣かしてくれてありがとう。僕は君がいつもティッシュを用意してくれてるのを知ってるし、君が涙の次には笑いが待ってることを知ってるってわかってる。

僕は宗教は信じない。でもルーミーのこの詩は大好きだよ。彼は彼の信じる神のことを言ってるんだと思うんだ。

     あなたは水。私たちは石うす。

     あなたは風。私たちはカタチをなした砂埃。

     あなたは精神。私たちは開けたり閉じたりしている手。

     あなたは明瞭さ。私たちはそれを言おうとしている言葉。

     あなたは喜び。私たちはいろんな笑い声。

誓いの言葉は深刻な約束事。僕が誓うことは笑い続けるってことー君と一緒に、今日も、明日も、いつだってーこの先どんなことが待ち受けていても。

もう後戻りはなしだ。

アイ ラブ ユー。

Ritsuko's Vows

Adam,

First of all, thank GOD it was you - you were the one I had to plan the wedding with.  I could not have done this with anybody else ...

I love you a little more everyday.

I love you a little more each time you cry.

You cry more than I do. You cry just thinking about the day Stevie Wonder leaves this world... Still, you are the strongest person I know. When you lost your Mia, I can only imagine, but you went through the darkest dreams. Yet, you still see the beauty of life. I will do my very best not to die on you to make sure you have less crying to do.

I love you a little more each time I get upset.

When you ate all of frozen mangos in our freezer, I was so sad and upset. Next morning, I found a freezer full of mangoes ... I could not help but smile. This is how I know we can always find a way to laugh even in our ugly days. My dad once said, "one's real value comes out in tough times, not in easy times".  Well, that was a pretty tough time ... and your value came through.

I thought all I wanted in my life were cakes and flowers. But you are showing me all kinds of other beautiful things. You see beauty in everything. 

I won't promise you many things - I won't promise you that I will cook more for you. I won't promise you that I make it to all of your jazz gigs. But I will promise you this - I will always be on your team even when you are wrong, even when I tell you that you are wrong.

Let's live the way only we can!

Thank you for being here with me today.

アダム、

まず最初に言っておきたいことは、”あなたで本当によかった!”ってこと。あなた以外の人と結婚式の準備をするなんて絶対不可能だったと思うから。。。

私は毎日、昨日よりももう少しあなたを好きになる。

あなたが泣く度にもう少しあなたのことを好きになる。あなたは私よりもよく泣いちゃうよね。スティヴィーワンダーがこの世からいなくなってしまう日のことを想って泣いちゃったり。。。 でもあなたは私が知っている人たちの中で一番強い人。あなたがあなたのミアを失った時、私には想像するしかないけれど、あなたはとてつもない暗闇の中をさまよった。それでもあなたは人生の美しいものに目をむける。私はあなたより先に死なないように努力するからね。あなたが泣く理由がひとつ減るように。

あなたにカチンとくる度にもう少しあなたのことを好きになる。いつだったかあなたが冷凍庫のマンゴーを全部食べちゃった時、私はとっても悲しくってあなたに当たったっけ。そうしたら次の日の朝、冷凍庫に入りきれないほどのマンゴーが。。。私は笑顔にならずにはいられなかった。あの時、私たちはどんなことがあっても笑う理由を見つけられるって思った。私のお父さんがずっと昔に”人の価値はすべてが上手くいってる時よりも物事が思うようにいっていない時にこそ分かる。”って言ってた。確かにあの日は大変だった。。。そしてあなたの価値が問われたよね。

私、欲しいものは美味しいケーキやきれいなお花だけだと思ってた。でもあなたはいろんなカタチの美しさをおしえてくれる。あなたはすべてのものに美しさを見いだすことができる人。

私、たくさんのことは約束できない。もっと料理をするなんて約束できないし、あなたのジャズライブを全部観に行くなんて約束できない。私が唯一約束できることは、いつもあなたの味方でいるってこと。例えあなたが間違っていたって、それで私が”あなたは間違ってる”って指摘したって私はあなたの味方です。

私たちにしかできない生き方でいこう!

今日、ここに私といてくれてありがとう。